現役K-1選手稲垣兄弟が教えたい「習い事をさせること・すること」の意義

2020 2/22

こんにちは!現役K-1選手、稲垣兄弟(稲垣澪・稲垣柊)です。
今回ははぐまつさんへ
子どもが習い事をすることの意義や習い事を通じての成長について寄稿コラムを書かせていただきました。
[voice icon=”https://www.hug-matsu.jp/wp-content/uploads/2020/02/rei.png” name=”兄・稲垣澪” type=”l”]K-1稲垣兄弟、兄の澪(れい)です。[/voice]
[voice icon=”https://www.hug-matsu.jp/wp-content/uploads/2020/02/shu.png” name=”弟・稲垣柊” type=”l”]K-1稲垣兄弟、弟の柊(しゅう)です。よろしくおねがいします!!!![/voice]

○今回のコラム内容

1.格闘技を通じて学んだこと
2.格闘技を学ぶ上で大変だったこと
3.今の子どもたちに格闘技を通じてどんなことを学んでほしいか
5.格闘技を通じて一番自分が成長したなと思えること

1.格闘技を通じて学んだこと

格闘技を通じて学んだことや勉強になり、成長につながったことについてです。
[voice icon=”https://www.hug-matsu.jp/wp-content/uploads/2020/02/rei.png” name=”兄・稲垣澪” type=”l”]空手をやっていて
礼儀作法 挨拶 返事
人の目を見て話を聞くなど
社会に出る上で必要不可欠な事を学びました!
[/voice]

[voice icon=”https://www.hug-matsu.jp/wp-content/uploads/2020/02/shu.png” name=”弟・稲垣柊” type=”l”]何事にも、挑戦するというところです。
人生は一度なので、やりたいことはすぐにやったほうがいいです。
僕も、高校を卒業して、社会人に一度なったのですが、
K-1やりたい!と不意に思い、1ヶ月後に会社を辞め、プロへの道をスタートしました。[/voice]

2.格闘技を学ぶ上で大変だったこと

格闘技を学ぶうえで大変だったエピソードです。
[voice icon=”https://www.hug-matsu.jp/wp-content/uploads/2020/02/rei.png” name=”兄・稲垣澪” type=”l”]強くなるためには人一倍努力をして練習する必要があり
友達が遊んでいる時でも
自主練 稽古に行かないとで
精神的 体力的にも大変でした。[/voice]

[voice icon=”https://www.hug-matsu.jp/wp-content/uploads/2020/02/shu.png” name=”弟・稲垣柊” type=”l”]やり始めた頃は、自分が1番弱いわけですし、組み手でボコボコにされるという経験がなれていなかったので、
ある程度強くなるまでは、毎日ボコボコにされていたので悔しかったです。
[/voice]

3.今の子どもたちに格闘技を通じてどんなことを学んでほしいか

今の子どもたちは、習い事やスポーツ、そして格闘技を通じてどんな事を学んで成長してほしいか、考えてみました。
[voice icon=”https://www.hug-matsu.jp/wp-content/uploads/2020/02/rei.png” name=”兄・稲垣澪” type=”l”]挨拶 返事 礼儀作法はもちろん
精神鍛練をして
強くなってもらいたいです![/voice]

[voice icon=”https://www.hug-matsu.jp/wp-content/uploads/2020/02/shu.png” name=”弟・稲垣柊” type=”l”]最近の子は出来ないことは挑戦しないで諦めてしまったり、
すぐ挫折してしまう子が多いと思うので、諦めずに全力を出し切るというところを学んで欲しいです![/voice]

4.稲垣兄弟の自己紹介

稲垣兄弟の自己紹介文です。
[voice icon=”https://www.hug-matsu.jp/wp-content/uploads/2020/02/rei.png” name=”兄・稲垣澪” type=”l”]k1ジム大宮 チームレオン所属
さいたま市 大宮ジム
チームレオン所属 稲垣 澪です!
1歳三か月、子育て中です。
弟の柊と一緒に 埼玉から
大宮から チャンピオンを目指して頑張っています!
よろしくおねがいします!!!![/voice]

[voice icon=”https://www.hug-matsu.jp/wp-content/uploads/2020/02/shu.png” name=”弟・稲垣柊” type=”l”]2000年1月29日生まれ
20歳
埼玉県さいたま市出身の稲垣柊です。
3歳で空手を始め、9歳からムエタイも習い始めました。
しかし、中学、高校とバレーボールの道に進みましたが、
就職をきっかけにまた、格闘技をやりたいと思い、2019年1月からキックボクシング再開。
2019年9月にプロデビューしました。
よろしくおねがいします!!!![/voice]

5.格闘技を通じて一番自分が成長したなと思えること

[voice icon=”https://www.hug-matsu.jp/wp-content/uploads/2020/02/rei.png” name=”兄・稲垣澪” type=”l”]体力面はもちろん 精神的に成長 強くなれたのが
1番成長できた所です![/voice]

[voice icon=”https://www.hug-matsu.jp/wp-content/uploads/2020/02/shu.png” name=”弟・稲垣柊” type=”l”]負けず嫌いなところがさらに強くなりました。
次男なので、人よりは負けず嫌いなのですが、
格闘技を始めて、組み手やスパーリングでも負けたくないので、
負けず嫌いなところが1番強くなったのかなと思います。[/voice]

現役K-1選手稲垣兄弟の筋トレ動画ver1 「家でできる腕立て伏せ」

家でできる筋トレ動画をYou Tubeでアップしてます!
ぜひ御覧ください。

目次

K-1兄弟を育てたお父さんが語る子育てについて

稲垣兄弟(稲垣澪・稲垣柊)を育てたお父さんが語る
格闘技を習わせたきっかけや想いをまとめました。

格闘技を習わせたきっかけ

空手を習わせたきっかけは、
「礼儀作法と自分の身を自分で守る(または愛する人を守れる男)」

になってほしいという願いからでした。

父である私の予想を超えて、
K-1のリングに上がり、結果を残すようになるとは夢にも思いませんでした。

道場にも通っておりましたが、父として自分でも格闘技を研究し
父として独自に勉強して教えて行きました。

子ども達が先輩の道場生に試合などでコテンパンにやられる姿を見て、
「父としてできることがあるのではないか?」
いてもたってもいられなくなったからです。

父としてK-1兄弟子育てで大切にしたコト

父としてK-1兄弟を育てるうえで大切にしてきたことをまとめてみました。
・心技体の調和。
・無闇に暴力を振るわない。
・人の痛みを知る。
・適切な栄養を摂取させる。
(良質な筋肉にならない/背が伸びなくなる)
・戦術を重視する。
・モチベーション管理
(毎日続けさせることが難しい)

強さとは、力を誇示することではなく、
大切な人を守るためのものだと考えています。
また心身が健全であり、健康であることが大切だと考えております。
体だけではなく、心を鍛え、自分のことだけではなく、
「地域」や「身近で困っている人」に気持ちを向けられるような大人になってほしいと願っています。

K-1兄弟を育てた父として今後の活動したいこと

K-1兄弟を育てた父として今後してみたい活動ですが、
・講演
・出版
・稲垣兄弟プロデュース
(戦術、相手選手分析/広報等)

現在、子育てで悩んでいるお父さん、お母さんが増えていると感じますし
きちんと自分の子どもとコミュニケーションが取れない親子関係は
私がみていても胸を痛める場面が多々あります。
今後は、全国にて講演や出版を通じて
一人でも多くの方にそんな想いや私が経験してきたことを発信していきたいと思います。

K-1兄弟を育てるうえで子育てで意識してきたこと

K-1兄弟を育てるうえで意識してきたことをまとめてみました。
・大人でもわからないような専門用語もそのまま話し、赤ちゃん言葉は使わない。
・1回言ってもわからないことは100回でも言う。
・挨拶は誰にでも明るく元気にする。(相手がしなくても自分はする)
・やってはいけないことをしたら素直に謝る(私が悪かった時も謝っている)
・ゲームや遊びも全力でやる。
・ただ線路を引くのではなく、子ども達のやりたいことを聞いて選択肢を増やす。

「体の小さな柊を全日本優勝に導いた成功例」

なんでも全力で活動し、また一人の大人、一人の男として接する。
挨拶から始まる礼儀などは大切にし、
礼から始まり礼で終わるのが武道であり、人生であると考えております。
また親から押し付けるのではなく、子どもがこころからやりたいことを
親として応援していきたいと考え子育てをしてきました。

最後にひとつエピソードをご紹介すると

「いじめられっ子の兄弟が全日本で優勝」

澪が中学生の時

先生から道場の合鍵を渡されており

いつでも練習に行ける状態でした。

夏休みの朝、澪と道場に行くと

「昔の柊と同じで体が小さい兄弟」を

連れて練習させているお母さんがいました。

話を聞くと

「いじめられているから強くなりたい!」

「大会でも勝てないから・・・」

とのことだったので

急遽コーチすることにしました。

兄弟達の良いところを伸ばし戦術を!教えました。

半年後・・

そんなことを忘れていた私に澪がこう言いました。

「お父さん!前に教えてあげた兄弟いたじゃん。

あの子達全日本チャンピオンになったらしいよ!」

「そしていじめられなくなったって!!」

その兄弟の母親が私にお礼を言っておいてほしい

そう言われたそうです。

その時、私達は

自分達がやって来たことは間違えていなかった!

「そして本当に良かったねー‼️」と

二人で喜びを噛みしめました。

K-1稲垣兄弟子育て日記より

K-1選手を育てたパパの子育て学のTwitterはこちらです。

K-1稲垣兄弟については

K-1稲垣兄弟
稲垣兄弟オフィシャルサイト
○兄稲垣澪
Twitter
instagram
稲垣澪Wikipedia

○弟稲垣柊
Twitter
instagram
稲垣柊Wikipedia


この記事を書いた人

コメント

コメントする


* (上の枠内表示の4桁の英数字)

目次
閉じる