子ども支援・相談スペース「はぐルッポ」

平成25年、松本市旭に子ども支援・相談スペース「はぐルッポ」が誕生しました。

「はぐ」は、育む、ハグする。「グルッポ」は、イタリヤ語gruppoで集まりを意味しています。「はぐルッポ」は、不登校・不登校傾向や、さまざまな事情で学校に通うことができなかったり、悩みを抱えている子どもたちの居場所です。

一人ひとりの願いや、ご家族の願いに寄り添いながら、それぞれの状況に応じた生活支援・学習支援を行います。

子どもたちが自ら一歩を踏み出すためのエネルギーを育むお手伝いをいたします。

まずは、お電話でご相談ください。

【開所時間】 毎週水曜日、金曜日 午後1時 ~6時
    月1回月曜日午後1時~6時
    月2回木曜日午後3時~5時はぐスタ(勉強する日) 
         (変更する場合もあります。まずはお電話を) 
親の相談・支援 随時 予約制

【内容】

(1) 支援活動:子どもとのかわりを大切にしながら生活や学習を支援します。

  • 子どもたちが安心して好きなことに打ち込める環境作りに努めます。
    • 学校・地域・行政と連携を図りながら、学習を支援し、職業体験の機会も作ります。
    • 調理や手芸、工作、野菜作りなどを子どもたち自身が計画し実践できる機会を作ります。

    (2) 相談活動:子どもやご家族の悩み等の相談に応じます。

    必要な場合にはカウンセラーや医師など専門家につなぎます。

    【利用料】 無料

    (使用料は無料ですが、実費は頂きます。)
    【支援員】 常時 2~3名

    【運営団体】 松本市子育てコミュニティサイトプロジェクト

    ※平成25年度長野県地域発元気づくり支援金を活用し実施しています。

    チラシ‥はぐルッポ2017年12月版

    【問合せ先 】 子ども支援・相談スペース旭「はぐルッポ」

    住所:松本市旭3-2-21

    電話:0263-31-3373(FAX兼)

    E-mail : hugmatsu@sky.plala.or.jp

    【問合せ先 】 松本市役所こども育成課

    ℡0263-34-3261、Fax0263-34-3236

    1学都ポスターはぐルッポ


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


    * (上の枠内表示の4桁の英数字)