自粛で増えているファイナンシャルプランナー相談で子育て世代がやっておきたい3つのこと

2021 1/06


こんにちは。二児の母で節約・マネー、断捨離、子育てなどの雑記ブログを運営しているMayaです。
今回ははぐまつさんに寄稿させていただくにあたり、どのようなテーマでの寄稿文が良いのか、考えてみました。
実際に松本の方の多くが悩まれていることで、私自身の仕事であるファイナンシャルプランナーとして参考になる内容にしたいと思い、
書かせていただいております。
現在ステイホーム、活動自粛、テレワークなど去年の今頃とはまったく違う日常や働き方をされている方が大勢いらっしゃると思います。
そこでついて回るのがお金にまつわるお悩みや不安です。

自宅で時間を過ごすことが多くなっている今、
ファイナンシャルプランナーの相談が増えてきています。

私も現在教育費について絶賛オンラインで相談中です。

普段忙しくてお金周りのことを整理して考えたり、見直しをしたりするのってなかなかできませんよね。
この記事では自粛で自宅で過ごす時間が長くなっている今、
ファイナンシャルプランナー相談で子育て世代がやっておきたいことを紹介します。

教育費って一体いくらくらいかかるの?
今後いつどのタイミングでどれくらいのお金が必要になるか不安
今の生活費でもっと節約できることはないのかな
保険はずっと前に入ったままずっと放置状態になっている
という方は是非読み進めてみてください。

自粛で増えているファイナンシャルプランナー相談で子育て世代がやっておきたい3つのこと

目次

ファイナンシャルプランナー相談で子育て世代がやっておきたい3つのこと

ファイナンシャルプランナー無料相談でできるお金に関係することで、
子育て世代が自粛期間中のおうち時間でやっておきたいことを紹介します。
おうち時間がいつも以上に確保できる時だからこそ、やるべきことや、やっておきたいことがあります。

①ライフプランで教育費の計画

まずやっておきたいのは『ライフプランの作成』です。

ライフプランとは直訳すると「人生計画」となりますが、ここでいう「ライフプラン」とは
自分と家族の人生においてどのタイミングでどんなイベントごとが起こり、
そのタイミングでいくらお金がかかるのかを数値化してものです。

例えば「夫はxx歳で妻はxx歳の時、子供が高校入学でこれだけのお金がかかり、同じタイミングで住宅修繕費もこれだけかかります。」
「夫はxx歳で妻はxx歳の時、子供が大学入学で私立文系の場合これだけのお金がかかります。私立理系の場合はこれだけです。」
といったような大きなお金に関わる情報が1つの資料にまとまったイメージです。

どのタイミングでいくら、という具体的な期限と金額が分からないと漠然とした不安は消えませんし、
どうやってそのお金を準備すればよいのか分からないですよね。
このタイミングでだいたいこのくらいの費用がかかりそうだという見通しがあれば今から貯蓄したり
それ以上にその心構えをしておくことができます。
反対に急に予想していなかった費用や出費が必要となると人は動揺もしますし、冷静な判断ができないことが増えてしまいます。

ライフプランを作成することでそれらが明確になり、どうやってそういったイベントに備えるのが良いかきちんと考えるきっかけになります。
そして、それが早くできれば準備するための時間も長くなります。

このライフプランは自分で作成することもできなくはないですが、
作成するためには教育、住宅など様々な情報が必要になるのでファイナンシャルプランナーのようなプロの力を借りるのがおすすめです。

②家計簿を元に家計の見直し

次にやっておきたいのが家計簿を元にした家計の見直しです。

家計簿はつけているものの、いわゆる「つけっぱなし」にはなっていないでしょうか。
家計簿には家計改善のためのヒントが隠れています。
折角家計簿をつけているのに、家計改善に役立てないことはとてももったいないです。
家計簿は、毎月の収支バランスを把握したり、家計の偏りに気づいて修正をするために大切な資料になります。

家計の項目内訳とそれらにかかった金額は、見る人が見ればどこにお金をかけすぎているか一目瞭然です。
家族4人でこの食費は少し高いですね。
収入に対し習い事にかけるお金が高すぎです。
といった風に客観的にアドバイスをしてくれます。

パートナーがなかなか節約に協力してくれない場合でも
お金のプロであるファイナンシャルプランナーに指摘されると急に協力的になったりすることもあります。

「もっと節約したい」「なんとか貯金と投資の割合をもっと増やせないかな」という方は
一度家計の見直しをお願いすると良いです。

収入が変わったり、子供が進学したり、大きな買い物をしたりと色々なことが家計に影響するため
家計の見直しは定期的に行うことが大切です。

ちなみに家計簿をつけていないご家庭もありますよね。
家計簿をつけなくても理想通りに資産が増えている家庭はそれで問題ないと思います。
が、もし家計を改善したい場合は家計簿をつけていくのが断然おすすめです。
現状が正しく把握できないと、改善ができないためです。

自粛で増えているファイナンシャルプランナー相談で子育て世代がやっておきたい3つのこと

③保険の見直しで固定費の見直し

最後は固定費の1つ、保険の見直しです。
日本人の70%が入って保険、定期的に見直しをしていますか?
必要な保障は資産や家族構成などによって変わってくるため、定期的に見直しをすることが大事です。
過去にちゃんと保障内容を理解し、納得して加入したとしても
数年後には不要になったり、逆に保障が足りなくなることもあるからですね。

主要な保険の見直し時期は下記です。
・結婚したとき
・出産して家族が増えたとき
・マイホームを購入したとき
・独立・起業したとき
・子供が独立したとき など

保険商品は毎年新しいものが発売されているので
今の保証内容と同等のものがより安い値段で加入できたり、今の同じ値段でより保障が手厚いものに乗り換えできる可能性もあります。

保険の見直しのポイントは、毎月の支払いが家計の無理がない割合に留めておくことです。
固定費になるので一度見直しで節約できると
その後もずっと自動的に節約になるため長期的にみて大きな節約になることもあります。

また、自分で投資をするのにかなり抵抗がある方は万が一のときは保険金が下りる保険商品で資産運用をするのもありです。

自粛で増えているファイナンシャルプランナー相談で子育て世代がやっておきたい3つのこと

おわりに

自宅時間が長い今、ファイナンシャルプランナーの相談でやっておきたいことを紹介しました。
・ライフプランで教育費の計画
・家計簿を元に家計の見直し
・保険の見直しで固定費の見直し

ファイナンシャルプランナーの相談で注意点したいことはブログの下記記事で紹介しているので、良かったら覗いてください。
FP ファイナンシャルプランナーの無料相談の9の注意点

おうち時間が増えているこのタイミングで、お金について、将来についてなどを改めて考える・見直す時間にすることはとても有意義なことです。
お金のプロに上手に相談して、お金の悩みを減らしていきたいですね。

【FPが8社を比較】ファイナンシャルプランナー無料相談におすすめの保険ショップ3選

この記事を読まれた方はこんな記事も読まれています

1.赤ちゃんにも安心して使える市販薬!薬剤師パパが教えます
2.乳幼児を持つパパとママへ | 長引くその高熱は「川崎病」かも? | 長女が発病した時の様子
3.松本市|書道教室生徒募集
4.松本市で子連れランチ!専用スペースもあるオススメスポット5選!
5.子ども支援・相談スペース「はぐルッポ」
6.子どもの習い事”空手を始めた娘の変化”と空手を習わせるメリット・注意点
7.【お悩み】子どものわきが対策で手術する前に考えてほしいこと
8.薬との飲み合わせに注意が必要な飲み物4選
10.夏でもおススメ!北信州で非日常体験をしよう!

【松本山雅の来季に期待!】FC東京の試合を子供と一緒に観戦!味の素スタジアムに行こう
【徹底解説】エシレバターとは?発酵と非発酵バターの違い、店舗や購入方法も紹介
【ズボラでOK】室内で育てやすいおすすめ観葉植物5選!種類や育て方も解説
【ナイキのおすすめスニーカー5選】コーディネイトしやすい人気商品を厳選!
明智光秀と細川ガラシャの子孫
明智光秀と信長の年齢差
曲がっているのが美味しい「松本一本ねぎ」を紹介します!
野沢温泉村の伝統野菜「野沢菜」を紹介します!
世界を魅了する安曇野ワサビを紹介します!
お財布の中身を整理するために私が実践している方法と4つの理由
プロテインは非常食にもなる!?
【FPが8社を比較】ファイナンシャルプランナー無料相談におすすめの保険ショップ3選

この記事を書いた人

コメント

コメントする


* (上の枠内表示の4桁の英数字)

目次
閉じる