子どもの野球人口減少の危機…松本市でも野球ファンが増えるきっかけを作りたい!

初めまして。ベイスターズ女子ブロガーのあゆと申します。
わたしはベイスターズの情報を中心とした野球のブログを書いています。
横浜DeNAベイスターズが特に好きなのですが、野球全体が大好きでハマっています。

昔は父が野球を観ていると、観たいテレビがみられなくて野球が大嫌いでした。
でも、大人になって一度野球を観に行ってから、その魅力にとりつかれてしまい、今では大ファンになり、もっともっと野球ファンを増えて欲しいなと思っています。

実は野球人口が減っていて将来的に野球がピンチになる?!

わたしは今一歳になりたての息子を育てていますが、夫は早くもベイスターズに入って欲しいと言っています。笑
実はいま、野球をする子ども達が年々減ってきているんです。
もちろん少子化の影響もありますが、少子化の進み具合と比較してもその減り方はかなり大きいのです。
日本中学校体育連盟の調査によると、

軟式野球部の部員数は、2009年度「30万7053人」から減少傾向で、2017年度は「17万4343人」にまで減りました。
ベイスターズの筒香選手や、巨人の菅野選手もこの状況に危機感を募らせていて、メディアの前でもこの問題にたびたび触れています。

筒香選手が日本外国特派員協会で語ったこと

筒香選手は自身の著書の中でも書いていますが、最近日本外国特派員協会でも野球人口の減少について警笛を鳴らしました。
筒香選手は、野球人口が減少している主な理由として「勝利至上主義」をあげています。

勝利にこだわるあまり指導者が子どもに対して暴言を吐く、練習時間が長い・・・

それでは子どもは野球が楽しくなくなってしまうと危惧しています。

また、母親のお茶当番など家族の負担も大きく、
時代は進化しているのに野球はまだまだ昔のままという点が多いのも野球人口の減少に拍車をかけているのではないかと語っていました。
甲子園でも1人の投手が連日何十球も投げたり、指導者による暴言や暴力がニュースになったりもしていました。
現役の野球選手がこうして会見をし警笛を鳴らすのは珍しく、少しずつでも野球界がより良い方向に変わっていくきっかけになれば良いなと感じます。

野球観戦は楽しい!

少し重い話になってしまいましたが、
私は野球観戦がとても好きなので、
たくさんの人にもっと野球を知ってもらったり、好きになってもらうきっかけができたらいいなと思っています。
野球観戦って、ストレス発散になったり非日常感を味わえるなど、ただ応援するだけでなく色々な楽しみ方があります。
最近では球場のグルメもとても本格的なんです。
私が住んでいる岡山県も野球チームはなく、横浜まで試合を見に行こうとすると岡山から新横浜まで約3時間かかってしまいます。
だからなかなか球場に行くのは難しいのですが、テレビで応援したり、近くで試合があれば観光も兼ねて見に行ったりもします。
地方だからこそ、自分らしく野球を楽しめたら良いなと思っています。
私は家族でベイスターズのファンなので、野球の話で家族の会話が弾むのも嬉しいです。
少しでも、野球に興味を持って下さる方が増えるきっかけが作れたら良いなと思っています。

松本市にも野球女子が増えたらいいなと思います

ずっと野球って男性が好きなものというイメージがあった時期が私にもありますが
実際に野球は老若男女問わず楽しめるスポーツだと思います。
またお住まいの地域に球場や球団がなくても
自分が好きになれるチームや選手が見つかれば
時間を作ってそこまで応援に行ってみるのも楽しいです。

全国に野球好きな女子がもっと増えるように私自身も今後活動していきたいと思います。

また松本に行く機会があれば
松本の素敵な場所を発見して
私が運営しているベイスターズ女子でも紹介していきたいなと思いました。

コラムライタープロフィール

ベイスターズ女子あゆさん
プロフィール
1歳児の育児に奮闘しながら、大好きな野球を楽しんでいます。
バタバタな毎日の中の、ちいさな幸せを見逃さないよう大切にすることを心がけています。
野球って面白い!とか、球場に行ってみようかな!と思ってもらえるように、ベイスターズを中心とした野球ブログを運営中。

サイト:ベイスターズ女子
寄稿記事:子どもの野球人口減少の危機…松本市でも野球ファンが増えるきっかけを作りたい!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


* (上の枠内表示の4桁の英数字)