ことば遣い

ことば遣いは、心遣いです。

「思いやりのこころ」を持って一言一言を大切に話をしましょう。

大人同士も、またこどもに対しても。

     

命令形ではなく依頼形で

こどもに話をするとき上から目線でことばをかけていませんか。また夫婦間ではいかがでしょうか。

「はやくしなさい」「なにしてるの」「それとって」

こどもでも大人でも命令されれば嫌になります。気持ちよくやってもらう為にはお願いが大切です。そしてやさしい言い回しも必要ですね。

「はやくしなさい!」→「はやくしてくれない?」

「何してるの!」→「どうしたの?」

「それ取って!」→「それ取ってくれない?」

いかがでしょうか。ちょっとしたことばの違いでやさしいことばになり、やさしい気持ちが伝わります。

    

クッションことばを使いましょう

「はやくして」は「はやくしてくれない」に変えることによって少し優しい関係になりますが、もう一歩クッションことばを使ってみましょう。

×「はやくして」

○「はやくしてくれない?」

     ↓

◎「わるいけど、はやくしてくれない?」

クッションことばはなくても話は出来ます。 しかしこのことばがあった方がより相手がスムーズに自分から行動を起こしてくれます。大人同士でも同じです。

クッションことばとは「申し訳ございませんが…」「恐れ入りますが…」などです。

家庭では堅苦しい言い回しになってしまいますので「悪いけど…」「ごめんね…」など、ひとこと付けて話してみてはいかがでしょうか。

お互いが気持ちよくお話が出来ます。

      

プラス&マイナス&プラス法

話をするとき頭ごなしに叱ってはいませんか。まず良いところを伝え、その後直さなければいけないことを話し、最後にもう一度良いところを伝えます。

例えば、泣き止まない子に

「よく頑張ったね。(プラス) もう泣かないよ(マイナス) ほら笑顔がかわいいよ。(プラス)」

ジュースをこぼしたとき

「よくコップ持てたね。(プラス) こぼしちゃいけないね(マイナス) まだジュースがコップに残っているよ(プラス)」

     

禁句

日常生活の中でいらいらしたときや、疲れているときに口にしがちなことばや、習慣的に使ってしまう良くないことばは、心がけて使わないようにしましょう。

  • 否定的なことば・・・ だめ。 出来ない。 でも…。 違う。 あり得ない。 間違っている。 うそ。
  • 若者ことば・・・ ってゆうか。 でかい。 やべぇ! …の方です。

     

「ありがとう」という魔法のことば

感謝の言葉「ありがとう」はいつも口にしてみましょう。

とてもしあわせな気持ちになります。「感謝することなんて何にもないわ。」とおっしゃる方もいらっしゃいますが…

こどもが生まれてくれたことへ感謝。元気に育ってくれていることへの感謝。今の自分の生活に感謝。生きていることへの感謝。普通に暮らせることへも感謝。

数え切れないほどのしあわせが自分の周りにはあります。

   

また、当たり前のことをしてもらったとき「ありがとう」と伝えていますか?

当たり前の関係。例えば家庭ではいかがでしょうか。おじいちゃんにありがとう。おばあちゃんにありがとう。こどもにありがとう。お父さんにありがとう。お母さんにありがとう。庭に咲いている花にありがとう。

「ありがとう」苦しいとき辛いときこそ「ありがとう」10回くらい心の中で言い続けてみてください。

 温かい気持ちになれますよ!

子どもに強制するのではなく、まず大人がお手本を見せることで、自然にこどもたちは身につけていきます。必ず…。