あいさつ

「おはようございます」

「いただきます」 「ごちそうさまでした」

「いってきます」 「ただいま」

「こんにちは」 「こんばんは」

「おやすみなさい」

「ありがとう」 「ごめんなさい」

「さようなら」

たくさんのあいさつことばがありますが、いくつ日々言葉にして表していますか。

                            

あいさつの得意な子と苦手な子がいますが、生まれつきではありません。

日常家庭の中で家族がいかにたくさんあいさつを交わしているか。ではないでしょうか。

いつも耳にしている言葉は自然にでてきます。

     

 あいさつは

  1. まず笑顔で相手の顔を見て
  2. 言葉をかけ
  3. 頭を下げ(体を倒すと心がけると美しいです)
  4. もう一度最後に笑顔で相手の顔を見ます。

    

A 子ちゃんが言いました。

「うちのお母さんは朝私が「おはようございます。」というと、まな板に「おはよう」っていってるよ」おかしいよね。

きっとお母さんは、朝ご飯の支度をしながらA子ちゃんを見ず、お料理している手元を見てのあいさつだったのでしょう。

ほんの一瞬です。お子さんを見て笑顔で挨拶してみましょう。

朝は一日の始まりです。さわやかなあいさつをされると気持ちが明るくなります。

    

B子さんはこどものころ、幼稚園に行くときも学校へ行くときも、いつでもお母さんが玄関で「いってらっしゃ」と笑顔で送り出してくれたそうです。

大人になって会社に出かけるときも「行ってらっしゃい」と笑顔で送り出してくれたそうです。

今お嫁に行くときになって、嬉しかったことはたくさんあるけれど、1番嬉しかったのは「母親の笑顔での見送り」だそです。

こどもは口に出しては言いませんが、心に深く刻まれているのですね。

      

 気持ちの良い一日のために、またしあわせな一生を送るためにも、さわやかな挨拶を心がけましょう!