トライ!

お子さんは転んだとき一人で立ち上がれますか? カッターで鉛筆は削れますか? ぞうきんは絞れますか? マッチは擦ることができますか? 包丁で野菜を切れますか?(適応年齢もありますが)   こどもは体験しなければわかりません。 転んでみなければ、その痛さはわかりません。転ぶ前に親が手を出してしまうことで「転ぶ」という体験が出来ずおとなになってしまいます。 刃物は危ない。だから持たせない。「どの程度で手が切れ、どのくらい痛いのか」痛さを経験しないと加減することも出来ません。   逆に全く見守ることもせず、こどものやりたい放題。これは大変危険です。 社会に出て何も出来ない大人にならによう、親や周りの大人がしっかり見守り体験させ、そこで指導することがこどもの為にもとても重要です。 いろいろなことに挑戦させましょう!! ・・・見守りながら。