けいれん(ひきつけ)したとき

けいれん時の対応は、発熱の有無によって異なります!

 けいれん(ひきつけ)は全身の突っ張り、手足のビクツキと意識の消失を起こします。子どものけいれんの多くは、熱性けいれんです。20人にひとり(5%)が経験するといわれています。この場合多くは5分以内には治まります。体温を測って以下のように対応してください。

【あわてずに確認して欲しい事】 (医療機関を受診した際役立ちます)

・熱はあるか

・意識があるか(名前を呼んだ時、刺激したときに反応するか)

・けいれんは全身か、体の一部分か

・眼球の状態(上を向く、左・右へ向く)

・けいれんの持続時間

【手当ての手順】

①周りから危険物を取り除き安静を保ちます。

②からだと顔を横向きにして、吐いたものをぬぐいます。衣類をゆるめ呼吸が楽にできるようにします。

③あわてて口の中に物を入れないように。発作中に舌をかむことはありません。

☆【急いで医療機関を受診する場合→症状が強い場合は救急車を!】

 ●発熱がない・・ 

   ・けれんがみられたとき

   ・24時間以内に頭を打ったとき

 ●発熱があり、以下の項目で一つでもあるとき

   ・けいれんが10分以上続く

   ・何回もけいれんを繰り返す

   ・体の一部あるいは、左右別々にけいれんする

   ・嘔吐を繰り返す

   ・生まれてから6ヶ月未満の赤ちゃん

   ・けいれん後30分以上経っても目を覚まさない

   ・発熱後2~3日経ってからのけいれん

   ・けいれんの前後に異常な言動がみられる

【けいれんが治まってから医療機関を受診する場合】

 発熱と以下の特徴がすべて見られるとときは、心配の少ない『熱性けいれん』が考えられます。

  ・左右対称のけいれん

  ・5分以内に自然にとまった

  ・けいれんが1回だけ

  ・けいれんのあと、意識がすぐに戻った

  ・けいれんの前後に異常な言動がみられない

【熱性けいれん】

 脳の発達の途中で、6ヶ月から6歳頃に急な熱や高熱によって誘発されるけれんです。脳が成熟してくる小学生頃になると再発しなくなります。

【てんかん】

 熱がないときでもけいれんを繰り返します。脳は検査などを行い薬を飲んで治療しまうす。

【泣き入りひきつけ】

 はげしく泣いて呼吸を止めてしまうことにより、顔色が不良になり短時間の意識消失やけいれんを起こします。治療の必要はありません。

【胃腸炎に伴うけいれん】

 ウイルス性胃腸炎では熱がなく、脱水状態でもないのに、数分間のけいれんが何回か起こることがあります。

                     松本市医師会ホームページより