地産地消

育てて食べる 作って食べる

生まれた土地で育てられたものを食べていくことは 人間らしく育っていくもととなります。

私たちが食べているものはすべて種をまくことからはじまります。

種をまいて 育て 収穫して 調理、加工して食べることができるようになります。そこには、長い間培ってきた知恵と経験が積み重ねられて「文化」「教育」となり、地域の成り立ちがあります。

育ててたべる、作ってたべることで、五感豊かな育ちが自然にそなわり生きる力となっていきます。