ケガをした・・【傷と出血】

【すり傷・切り傷】

 出血がある場合は、清潔なガーゼきれいな布を当て、上から手で圧迫して止血します。手や足の場合は、その部分を心臓より高い位置にして様子をみます。それでも止まらない場合はすぐに病院へ。手足の止血のために、紐状の細いもので強く巻きつけるようにしてはいけません。血流が遮断されることで組織が死んでしまいます。

 傷口が汚れていたら水道水などきれいな水で洗い流し、ガーゼをあて、包帯などで固定します。

【刺し傷・とげの場合】

 刺し傷や深いとげは、傷が小さいようでも奥まで到達している事があり、あとで化膿したり破傷風になるおそれがあります。刺したものを持って外科医を受診しましょう。

 軽いとげはとげ抜きで抜きます。とげの頭が十分に出ている時はとげ抜きで抜けばいいのですが、出ていない場合は、とげの刺さっている周囲の皮膚を針でほぐしながら抜きます。

とげ抜きや針の消毒方法・・・とげ抜きと針はきれいな鍋で10分間煮沸消毒するか、マッチやライターの火の中に使用する部分を入れ、焼いて滅菌します。どちらの場合もちゃんと冷めてから使用して下さい。

【打ち身・はさんだ傷】

 指をはさんだとき、打って内出血したとき、こぶが出来たときは冷水でしぼったタオルか、ビニール袋に入れた氷片で冷やします。皮下出血は、打ったときに毛細血管が切れ、その時に出た血がたまったものです。青ずんで心配かもしれませんが自然に治ります。

 頭のコブもこれと同じで、頭の骨と皮膚の間に血腫が出来たものです。

  打ったりはさんだりした場合、内出血だけにとどまらず、骨折や傷を伴うこともあります。いつまでも痛がる時、出血が止まらない時、傷がひどい時は医師の診察を受けましょう。