いないいないばあ

生まれたばかりの赤ちゃんのは視力が全くないのではなく、ぼんやりした世界が見えています。ちょうどおっぱいを飲んで顔を見上げたあたり・・・30cm~40cmくらいに視点が狭い範囲で合うそうです。

いないいない(手の平で顔をおおいかくす)

ばあ(手のひらを顔からはずす)

がんばって面白がらせなくても大丈夫。

いない不安や、どこいったのかな?という不思議から急に大好きな人の顔が出てくるだけで、子どもはホッとしたり、発見の喜びがあったり、面白いものなんです。

向こう側が透ける素材のシフォンのハンカチが手元にあれば重宝します。

なければハンカチでも大丈夫。

顔を隠して(いないいない)、出す(ばあ)

子どもはいないいない・ばあ、かくれんぼがだ~い好き!

お試しあれ(^^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


* (上の枠内表示の4桁の英数字)

ABOUTこの記事をかいた人

avatar

バースデーサークル、母と子チャリティーの会代表。 わらべうた、おてて絵本、わらべうたベビーマッサージ、親子絵本推進アドバイス、読み聞かせ推進アドバイス等 出張講師。 人を結ぶ事に力を注ぎ、日々向上。学び続けています。 肩の力を抜いて、子どもと向き合うヒントを発信中。