受診方法

上手な受診の仕方

①子どもの様子を観察する

  まず子どもの様子をよく観察しましょう。

     (状態がよくないときにはすぐに医療機関を受診しましょう)

  お母さんの話を聞いてお医者さんはいろいろな可能性を考えます。

 いつごろから症状がでたのか、熱は、食欲は、下痢は、呼吸は、機嫌は、

  おしっこの回数は、うんちの様子は、今飲んでいるお薬は・・・

 などメモしておいて先生にお話ししましょう。

  

②普段からかかりつけ医を決めておくといい

  何でも相談できるかかりつけ医(ホームドクター)を持ちましょう。

  病院や他の診療所にも紹介してもらえます。

 

③できるだけ昼間に受診しましょう

 昼間のほうがスタッフもそろっていて、検査や投薬も含めスムーズです。

 

かかりつけの医師を最大限に活用し、医療機関を上手に利用しましょう。 

名医をさがすことよりも賢い患者になることが肝心です。