戦争と平和展


8/2から松本市立博物館で「戦争と平和展」
がはじまりました。
オープニングのくす玉の中から 
折りヅル!いいですねぇ。
第4回平和首長会議国内加盟年会議開催記念で
松本まるごと博物館連携事業として、
重要文化財旧開智学校、松本市歴史の里でも
資料を紹介しています。

 


日本初のジェットエンジン



五十連隊のあった松本。軍事工場の跡や、色々な資料から 
軍都であったと言われます。
空襲の恐怖もあったようです。
一研究に訪ねてみませんか?

【市民記者 西森】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


* (上の枠内表示の4桁の英数字)