H24.06.14 中央・あがたの森図書館:大人のための児童文学講座

6月14日(木)午前10時から12時まで
あがたの森文化会館1-1教室で中央図書館・あがたの森図書館共催
 「大人のための児童文学講座」を開きました。

「おはなしに登場するキャラクターは知っていても読んだことがなかった」
「子どもの頃に読んだが内容は忘れてしまった」
というお話をもう一度読んでみて、講師による物語の背景や著者の話によって、より深く楽しもうという企画です。

講師は出版社勤務の後、ご夫婦で児童専門書店を開かれて30年になる越高令子さんです。ご自身でもずっと児童書の研究をされていらしゃいます。

1回目は「ピーターラビットのおはなし」(ビアトリクス・ポター作)

24冊のピーターラビットのシリーズから、今回はピーターラビットが登場する
『ピーターラビットのおはなし』『ベンジャミンバニーのおはなし』『フロプシーのこどもたち』『キツネどんのおはなし』の4冊を中心に解説していただきました。

『ピーターラビットのおはなし』ストーリーの中には全く出てこないけれど、
ずっとピーターのことを見守っている守護神のような生き物が出てくる
(絵の中に登場する)、との講師のおはなしにあらためて絵本のページを繰りながら「あ、ほんとう!」と見つけて楽しむひととき。
(気になる方は、あがたの森図書館職員にお尋ねくださいね!)

終わった後に「子どもが小さいときに読んであげたけれど、こんなに面白い話だとは全然思わなかった。あの時知っていれば・・・」など、知らなかった話をいろいろ聞けて楽しかったといった感想をお寄せいただきました。

次回はクマのプーさんです。
(すでに定員に達していますので募集はしていませんが、お問い合わせはあがたの森図書館までどうぞ。)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


* (上の枠内表示の4桁の英数字)